クレジットカードの審査と収入に関する属性 年収や勤続年数とクレジットカードの審査の関係について。

職業とクレジットカードの審査

クレジットカード会社がカード発行をするかどうかの審査をするとき、最も重視するのが、申し込んだ人に返済能力があるかどうかです。

申し込んだ人に返済能力があるか、最も判断しやすいのが年収です。しかし、申込書に書かれた年収欄は、実はあまり重視されないのです。しかし、カード会社が最も重視したいのは年収なのです。つまり、年収は重視するけれども年収欄に書かれた数字は重視しない、ということです。

クレジットカードの審査では職業を重視

年収と関係する、最重要項目は職業です。職業によって収入は大きく違うため、返済能力を重視するカード会社としては、職業を重視するわけです。

当然、社会的に信用度が高く、安定している職業は、クレジットカードの審査には通りやすくなります。社会的に信用度が高い職業というのは、医者や弁護士、上場企業の正社員、公務員などのことです。

収入が高いのはもちろんですが、それ以上に重視されるのが安定していることです。安定しているという点で、公務員の評価は高いのです。

逆に、評価が低くなる職業は、安定していない職業です。自営業や自由業は収入が不安定なため、審査では不利になります。フリーターはさらに不利です。

収入のない学生は、評価が低いと思われがちですが、そのようなことはありません。学生の場合、本人ではなく親の属性で審査されます。そのため、本人に返済能力がなくても、カードは発行されやすいのです。

雇用形態も重視される

雇用形態というのは、正社員であるとか、派遣社員、契約社員、パート、アルバイトといったどのような形態で雇用されているかということです。

雇用形態によって、安定しているかどうかを判断できます。会社役員や正社員は収入は安定していると考えられます。しかし、派遣社員やパート、アルバイトは収入が安定していないとカード会社は判断するわけです。

勤続年数とカード審査

勤続年数では、申込者のある程度の信頼度を測ることができます。大手企業の正社員で会ったとしても、転職を繰り返すような人は、何時無職になってもおかしくないと判断される場合もあります。

年収が高く、安定した職業であったとしても、勤続年数によってはカード会社の審査に落とされることもあるのです。また、入社1年目の社員も、審査においては高い評価とはなりません。2,3年待ってからクレジットカードを申し込むか、または学生のうちに申し込むことをおすすめします。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2010.7.25. Copyright(C)2011クレジットカードの審査と属性  - All rights reserved