個人情報に関する属性とクレジットカードの審査 年齢や家族構成と審査の関係について。

個人情報に関する属性とカードの審査

クレジットカードを作る際、当然ですが申込み書には個人情報を記入しなければいけません。カード会社としては、個人情報を記入できないような人にクレジットカードを発行することはできないのです。

個人情報に関する属性で、重視されるのは年齢です。クレジットカードを作る際、年齢である程度の判定がされるのです。20代後半から30代が、収入が安定しているため、高い評価を得ます。

また、高齢なのにクレジットカードの利用実績がない場合、もしかしたら過去に金融事故を起こしたかも知れない、と勘ぐられてしまいます。また、病気の心配などもマイナスになります。

独身か、既婚か

独身なのか、結婚しているか、子供はいるのかといった個人情報も、審査の対象となります。

しかし、必ずしも結婚して子供を持っていた方が高評価と言うわけではありません。年収が少ないのに結婚して子どもが多い場合、可処分所得が少ないと見なされてしまう場合も多いのです。つまり、本人が使えるお金が少ないと判断されてしまうわけです。

住居に関する属性と合わせて考えたばあい、居住年数が長く、持ち家で、本人名義で、親と同居していて、20歳後半の独身が最も評価が高い、ということになります。

しかし、独身いつまでも高評価であるというわけではありません。40代にもなって独身である場合、逆に問題があるのではないか、と考えられてしまうこともあるようです。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2010.7.25. Copyright(C)2011クレジットカードの審査と属性  - All rights reserved