クレジットカードの審査と属性について 属性とクレジットカードの審査の関係について。

クレジットカードの審査における属性とは?

クレジットカードの入会の際の審査における属性というのは、カードに申し込んだ人の年収や職業、年齢、配偶者の有無、持ち家の有無、電話番号、住所、固定電話の有無などといった個人情報全体のことをいいます。

一般的には、年収が高く、勤続年数が長く、持ち家で、勤め先が安定している場合などは属性が高いと言われ、その反対に年収が低かったり、雇用形態が安定していない場合などは属性が低いと言われます。

審査の際の属性のスコアリング

クレジットカード会社では、申込み書に記された情報をもとに審査をします。審査の結果として、クレジットカードが発行されたり、されなかったり、限度額が高かったり低かったりします。

クレジットカードの審査では、コンピュータによる自動のスコアリングシステムが採用されています。スコアリングシステムは、年収や勤続年数、住居などといった属性を点数化し、その合計得点によって審査の合否または限度額の高低を決定する、というシステムです。

属性のスコアリングの際は、スコアリングテーブルというものが使われます。スコアリングテーブルは、属性の計算の時に使われる表です。それぞれのクレジットカード会社が、それぞれのスコアリングテーブルをもち、独自に自社データを構築しています。

スコアリングテーブルでは、各属性ごとにそれぞれ点数が決まっていますが、それぞれの点数を合算すると言った単純なものではありません。

大量のデータを分析し、属性と属性の因果関係やパターンなどを解析します。そして、高い評価の項目や低い評価の項目などを判断し、それらをテーブルに反映させます。どの項目が高評価で、どの項目が低評価なのかは、各クレジットカード会社の判断次第です。そのため、クレジットカード会社には通りやすい属性、通りにくい属性というものがあるのです。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2010.7.25. Copyright(C)2011クレジットカードの審査と属性  - All rights reserved